アフターピルとは?緊急避妊法『アフターピル』の副作用と効果について

パートナーとの性行為において、
うっかりコンドームが破れてしまったり、
思わぬハプニングで避妊に失敗してしまうことがあると
とても不安になってしまいますよね。

 

まだ妊娠を望んでいない女性にとっては、
そのようなハプニングがあれば、精神的にも負担になってしまうことも。

 

そこで今回は”緊急避妊法『アフターピル』の副作用と効果について”ご紹介していきたいと思います。

 

●アフターピルってなに?

 

アフターピルとは、避妊を失敗した時に妊娠の可能性を抑える緊急用ピルのことです。
1998年から「緊急避妊薬」(ECピル)として、
女性が避妊に失敗してしまった際にアフターピルを服用し、妊娠を回避するのに効果的だとしました。

 

●アフターピルはいつ飲めばいいの?

 

避妊に失敗した時に頼りの1つとなるアフターピル。
しかし、そんなアフターピルもいつ飲んでも効果が出るという訳ではありません。

 

アフターピルは性行為後、72時間以内に服用し、
その12時間後に2回目の服用をしなければ効果が期待できません。

 

72時間以内という時間制限があるとはいえ、
早めの服用をした方は避妊の効果が高いと言われています。

 

避妊失敗後、12時間以内にアフターピルを服用した人は、
60~72時間以内に服用した人に比べ、8倍も妊娠しにくいという報告も発表されています。
※アフターピルは医師による処方が必要となりますので、お近くの産婦人科やクリニックにお尋ねください。

 

●アフターピルの飲み方とは?

 

アフターピルは、72時間以内にできるだけ早く1度目を服用し、
その12時間後に更に薬を服用します。
この際に注意点が必要なのは、服用時間の誤差は前後1時間以内にすること。

 

夕方の6時に服用すると、2回目の服用が朝の6時なので、
逆算して服用することをオススメします。
朝方に寝坊すると飲み忘れて困ってしまいます。

 

●アフターピルの避妊効果や副作用は?

 

アフターピルの避妊効果80%前後と言われています。
服用が遅いと、ピルを飲んでも間に合わないケースもあります。

 

アフターピルの副作用として吐き気をおこす可能性があります。

 

ピルを服用して2時間以内におう吐してしまった場合は、
同量のピルを再度服用しなければなりませんので、
吐き気止めと一緒に服用することを勧めるお医者様も多いです。

 

また、副作用として不正出血を起こす場合もあります。

 

いかがでしたか?

 

避妊が失敗すると、
ナイーブになってしまうこともあるかもしれません。

 

1人で抱え込まず、近くの病院やクリニックに相談してくださいね。

避妊失敗!アフターピルを早めに飲まなければいけない理由とは?

性行為の際、「避妊はしていたけど、思わぬアクシデントが起こってしまった。」、
「つい避妊をせずに性行為をしてしまった。」という話をよく耳にします。
あなたにとってもパートナーにとっても、生まれてくる子にとっても、望まない妊娠は避けたいですよね。

 

避妊に失敗すると、心もナイーブになってしまい、身体にストレスを与えてしまうことも。
そうすると、ホルモンバランスが崩れ、妊娠していなくとも生理が遅れ、さらに不安になるという負のスパイラルに陥ります。

 

そこで今回は、性交渉で避妊失敗の後に飲んでも効果がある
”アフターピル”を使った”緊急避妊法”についてご紹介していきたいと思います。

 

●アフターピルってなに?

 

アフターピルとは避妊を失敗した時に、妊娠の可能性を抑える緊急用ピルのことです。
1998年から「緊急避妊薬」(ECピル)として、
女性が避妊に失敗してしまった際に服用し、妊娠を回避するのに効果的だとしました。

 

●アフターピルはいつ飲めばいいの?

 

避妊に失敗した時に頼りの1つとなるアフターピル。
しかし、そんなアフターピルもいつ飲んでも効果が出るという訳ではありません。

 

アフターピルは性行為後、72時間以内に服用し、
その12時間後に2回目の服用をしなければ効果が期待できません。
72時間以内という時間制限があるとはいえ、
早めの服用をした方は避妊の効果が高いと言われています。

 

避妊失敗後、12時間以内にアフターピルを服用した人は、
60~72時間以内に服用した人に比べ、8倍も妊娠しにくいという報告も発表されています。

 

●アフターピルの飲み方とは?

 

アフターピルは、72時間以内にできるだけ早く1度目を服用し、その12時間後に更に薬を服用します。
この際に注意点が必要なのは服用時間の誤差は前後1時間以内にすること。
2度目の薬を飲む時間を逆算してなるべく早めに飲みましょう。

 

いかがでしたか?

 

万が一、避妊に失敗すると、ナイーブになってしまうこともあるかもしれません。

 

アフターピルは医師の診察が必要なので、
1人で抱え込まずにパートナーに相談し、お近くのクリニックや婦人科にご相談してみてくださいね。

 

ほかにもピルについての情報をまとめていますので、
記事をチェックしてください♪

ページの先頭へ戻る